12345TOTAL
千保ジャガーズ000101
永田オックス4410×9
(P):天艸,島村-(C)河本

(Aコーチ Y)

 

南区のチームが中心となりリーグ戦を戦っているやまびこリーグ。

 

昨年は一度も負けずに全勝優勝を果たすことができました。

 

今年は既に一敗をしてしまい、先輩たちの残した記録に並ぶ可能性はなくなりましたが、
リーグ戦優勝の可能性はまだ残っています。


そんな一敗もできない状況で迎えたこの試合。


先発ピッチャーはチーム一のお調子者。
その性格のまま調子よくサクサク投げて欲しかったのですが、
いきなりのエラーもあり初回からピンチを迎えます。


しかし、今のオックスは三塁に走者を背負ってもなかなか相手に点を与えません。
小さなミスはするけど点を与える大きなミスはしない。
そんなチームになりました。

 

結局、二回を0点で抑えてくれました。


大差がついたこともあり、
来期のことも考えて3回表からは五年生をマウンドに送りました。

 

春頃は制球に苦しんでいましたが、
最近ではすっかり安定性が増してきて3回を1失点に抑える上々のピッチング。
期待に応えてくれました。

 

途中、ベースカバーを忘れ、せっかく自らが牽制で誘い出したランナーをアウトにし損ねるミスもありましたが、
これから経験を積むことでできることが多くなると思います。
色んな事を吸収してチームを引っ張っていける選手に育って欲しいと思います。

 


攻撃といえば、初回の満塁のチャンスに、神の子の異名を持つ選手がクソボールを叩き、
走者一掃のツーベースにするという、相変わらず野球理論を無視した活躍をみせてくれました。

次の回も三連打で点を取り、その後ツーアウトになってからも三遊間を抜くタイムリーが出るなど、
効率的に点を取り序盤でゲームを決めてくれました。

 

印象に残ったのは、イケメンショートが打ったライトオーバーのツーベース。
今シーズンチームで取り組んでいる外角球を逆らわず、開かず右方向に打つこと。
正にこのバッティングを見せてくれた打席でした。